パリ フランス ヨーロッパ 旅行記

【フランス】お店はやってる?年末年始パリの旅行情報3日目(12月30日)

2017年12月28日〜2018年1月3日はパリ・プラハ弾丸旅行をして過ごしました。

12月30日は土曜日。

パリで土曜日と言ったら「蚤の市」!

アンティークアクセサリーやカトラリーが好きな私にとって、土曜日の朝が旅行にかぶることは幸福であり、そして、勝負の日なのです。

しかもゴールデンタイムは、午前中8時〜12時ごろ。

午後は、年始に開いていないかもしれないのでショッピングを堪能しました。

12月30日のパリの様子はどうだったか、レポートします。

こんな方におすすめ

  • 蚤の市だは年末年始もやっているの?
  • パリの観光名所の年末年始の状況は?
  • パリでのショッピングを楽しみたいけど年末年始はどんな雰囲気?
  • 女子が楽しいパリのショッピングは?

【フランス】お店はやってる?年末年始パリの旅行情報3日目(12月30日)

パリの年末年始・旅行情報:12月30日(2日目)

8時には「ヴァンヴの蚤の市」に到着するように、7時過ぎにホテルを出ました。

パリの年末年始・旅行情報

この日の天気は朝方降った雨がちょうど止み始めた感じ。

午前中は、湿度が高く気温は5度ぐらいでした。

蚤の市は外なので、防寒対策が必要です。

オペラ・ガルニエ駅からヴァンヴ行きの直通バスは運休中ということで、メトロへでPorte de Vanves駅へ。

到着すると、蚤の市が始まっていました。

パリの3大蚤の市:ヴァンヴ

時計のベルトも売っていました。

詳しくは後ほど!

パリの3大蚤の市:ヴァンヴ

詳細はこちらの記事で紹介しています。

参考記事
【フランス】パリの3大蚤の市♪1番おすすめヴァンヴを楽しんで【画像41枚】
【フランス】パリの3大蚤の市♪1番おすすめヴァンヴを楽しんで【画像41枚】

続きを見る

その後、モンマルトルに移動することにしました。

パリの年末始・旅行情報:モンマルトル

モンマルトルは、画家やフォトグラファー、エンターテイナーなど、様々なアーティストが集まる場所で、いつも違う人がいます。

また、有名な「サククレール寺院」という大きな寺院もあります。

モンマルトルに来るたびに、サクレクール寺院に行きます。

サクレクール寺院

パリの年末年始・旅行情報:サクレクール寺院

駅から出ると、観光客狙いのミサンガ売りがたくさんいました。

 

ミサンガ売りは、手元を見せず、気軽に笑顔で挨拶をしてきます。

多くはフランス語でなく、英語。

「Hi!」とハイタッチしようとしてきたり、「ガガ〜!」と有名人の名前で声おかけてきたり、あの手この手で気を誘います。

挨拶を返したり、立ち止まると話しかけながら、手元にうまくミサンガをつけるのです。

そして、

「ミサンガを付けたのだから、料金を払え!」と急に強気になります。

他にもエッフェル塔売りや、セルフィー売り、ロマンティックな場所には薔薇売りもいますが、こんな悪どいことはしてきません。

ポイント
皆さんも、パリの観光地ではミサンガ売りに注意してね!

パリの年末年始・旅行情報:サクレクール寺院

丘を登ってサクレクール寺院に着く頃には少し晴れ間も出てきました。

 

サクレクレール寺院は大ヒット映画「アメリ」や「ムーランルージュ」の舞台にもなった寺院。

丘の上に立つ大きな白いドームが特徴的です。

なんと40年もかかったという大きな建築物は、パリ市民の戦争で亡くなった人への想いが詰まっています。

しかし完成は1919年と、割と最近の建物です。

ポイント

住所:35 Rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris, フランス

公式サイト:http://www.sacre-coeur-montmartre.com/

オープン時間:6:00〜23:00(入場22:30まで)

       ドーム内は5月〜9月:8:30〜20:00

           10月〜4月:9:00〜17:00

値段:入場無料

   ドーム内は6ユーロ

※内部は撮影禁止です。

地下鉄最寄り駅:12番線「Abbesses」駅下車徒歩8分

         2番線「Anvers」駅下車徒歩8分

ポイント
ちなみにドームまでの階段は300段♪

 

どちらの駅から行く場合も、ケーブルカーを利用することができます。

パリの年末年始・旅行情報:サクレクール寺院ケーブルカーの景色

私も今回、下りのケーブルカーを初めて利用してみました。

ケーブルカーは1.9ユーロ。

パリのメトロ切符の10回券を使用することができます。

パリのメトロ切符

ちなみに、

今回は、前回買い忘れてしまったメダイをお買い上げ♪

探していた、鳥マークで中が白い物はお店の方に聞いてみると、現在取り扱いがないということでした。

 

サクレクール寺院を映画で楽しみたい方はこちら♪

パリ年末年始の昼食

昼食はケーブルカーを下って、駅まで行く間のレストラン「Cafe Miror」へ。

お肉の煮込み料理とポルチーニ茸のクリームソースニョッキを頼みました。

パリの年末年始・旅行情報:食事Cafe Miror

パリの年末年始・旅行情報:食事Cafe Miror

どちらも、お手頃でおいしかったです。

が、現在は閉店してまっているそうです・・・。

パリ年末年始のショッピング

ここからはショッピングです。

ショッピングに夢中になり、現地での写真は全くありません(笑)

付き添いの旦那さんがうんざりするやつです。

しかし、ハイセンスな街、「パリ」。

めめぽむ
ハイセンスなアイテムがたくさんありました!

シティ・ファルマ

パリ区にある、有名な激安コスメショップです。

パリにはコスメショップはたくさんあるのに、ここだけ何故かいつも安い。

本当に安い。

近くのお店でも同じものを見ると高い。

そんな現象が起きるお店です。

もちろんそんなことは全世界で有名なので、入り口に各国の男性が暇そうになっていたら、そこが「シティファルマ」です。

この袋が目印です。

 

今回も、

シティ・ファルマで買ったもの

・私が初めてパリで買ってから手放せないビオデルマのリップクリーム

・ビオデルマより高くて気になっていたコーダリーのリップクリーム

・ビオデルマのクレンジングウォーター

 これは旅行中にあると便利。

をお買い上げしました。

ゆっくり悩んでいると旦那さんにも悪いので、あらかじめ買うものを決めておき、見つからない場合は画像を見せて、店員さんに聞き、買い物を済ませてきました。

シティ・ファルマの基本情報

住所:26 Rue du Four, 75006 Paris, フランス

公式サイト:pharmacie-citypharma.fr

オープン時間:8:30〜20:00(土曜は9:00〜)日・祝休み


 

ポイント
この日は土曜日だったけど、日曜と祝日はお休みだから年末年始は、30日頃までの営業です!

Yves Rocher(イヴロシェ)

フランスのオーガニックブランドYves Rocher(イヴロシェ)。

パリのYves Rocher(イヴロシェ)

日本のボディショップみたいに、いろいろなところにあります。

ここの、リップもとっても大好きで。。。!

Yves Rocher(イヴロシェ)の色付きリップ

特に色付きリップが、化粧直ししなくてOKですごく楽チンなので、いつも買っていくのでした。

しかも、現地だから他の国で買うより安いの!

セールをやって、50%オフとかも年末年始はやっていました。

ちょうど、クリスマス商品がセールになっていました。

シナモンの香りの甘くてちょっとスパイシーな香りのアイテムでした♪

Yves Rocher(イヴロシェ)の基本情報

住所ctre cial passage du havre, 107 Rue Saint-Lazare, 75009 Paris, フランス (他パリ内多数)

公式サイト: yves-rocher.fr

オープン時間:9:30〜20:00

SEPHORA(セフォラ)

こちらは世界中に展開するアメリカ発祥のコスメブランドです。

店内はSEPHORA(セフォラ) ブランドだけでなく、色々なブランドのコスメを取り扱った総合コスメショップになっています。

SEPHORA(セフォラ) のメイクアップ用品は安くて品質が良いと大人気!

ですが、なぜ日本未上陸。

今回はセールになっていた、クリスマスっぽいリップグロスをお買い上げ。

自分用とお土産用にも購入しました。

キーホルダーになって可愛いです。

SEPHORA(セフォラ) のリップ

SEPHORA(セフォラ) のリップ

SEPHORA(セフォラ) の基本情報

住所:21/23 Boulevard Haussmann, 75009 Paris, フランス(オペラ店)

公式サイト:https://www.sephora.com/

オープン時間:9:00〜22:00

メルシー(Merci)

パリのメルシー

こちらはパリで有名なセレクトショップ

おしゃれなマレ地区にあります。

パリのメルシーのチャーム

特に大人気なのが、「メルシーのチャーム付きペンダント・ブレスレット」!

前からパリに来るたび欲しかったのですが、なかなマレ区に来ることがなかったので初めて来ました。

2階建ての建物で、観光客がいっぱい。

ところが、探してもチャーム付きアイテムが見つからず、忙しそうな店員さんに教えてもらうと。。。

すごい人だかりでした。

特に日本人と韓国人。

facetime?ライン?でビデオチャットしながら、どれが欲しい?とあれこれ選んでいました。

私は、母と妹と3人でお揃いになるようにブレスレットと自分用にペンダントを買いました。

小さなブレスレットは4ユーロ。

・・・だった気がしたんだけど、パッケージには12ユーロと記載・・・?

公式サイトで調べてみたら4ユーロであってました!

パリのメルシーのチャーム

リバティとコラボしたペンダントは7ユーロでした。

パリのメルシーのチャーム

メルシー(Merci)の基本情報

住所:111 Boulevard Beaumarchais, 75003 Paris, フランス

公式サイト: https://www.merci-merci.com/en/

オープン時間: 10:00〜19:00

 

オペラ地区までもどり、ギャラリーラファイェットや日本では無くなってしまったプランタンをウィンドウショッピング。

パリの年末年始

すると、ルイ・ヴィトンの前で人だかりがありました。

パリの年末年始:ルイ・ヴィトン前

見てみると、こんなに寒くてしかも年末の夜なのにブライダル撮影が行われていました!

パリの年末年始:ルイ・ヴィトン前

むしろ、街はデコレーションされていて、この時期の夜のウェディング撮影は向いているのかもしれません。

各国の人たちがお祝いしていました。

日本だと、見る人はいるけど声をかける人はいないから、海外のみんなで祝福するこういう文化が好き。

カミーユ・フォルネ(CAMILLE FOURNET)

パリのカミーユフォルネのベルト

レザーの有名ブランド、カミーユ・フォルネ(CAMILLE FOURNET)。

今回初めて来ましたが、日本で買うよりもとにかく種類が豊富ということと現地価格の方が安いということでベルトとバックルを買いにしました。

実は今回、ここに来たのは、先月買ったアンティークの手巻き時計「カルティエ タンク ルイ」に付けるストラップが欲しかったから!

いろいろな時計屋さんに相談して、オーダーもしたのでなくてもよかったのですが「せっかくパリに行くなら、あのベルトグラデーションを見てきたほうがいいよ」とアドバイスをいただき行ってみたかったのです。

あと、私の腕が細すぎてカルティエ純正のDバックルだと、「バックルが腕からはみ出す」とまではいかずとも、腕に負担がかかるのです。

おそらくバックルタイプの時計をお持ちの方でしたら想像できるでしょう。

その点、カミーユフォルネのDバックルは普通のバックルとは2つの大きな違いがあります。

メリット

・両面開き式のDバックルで腕のサイズに収まりが良いの

・両開きのバックルなのにスリムで時計を邪魔しない

この頃、都内では、新宿の伊勢丹メンのみの取り扱いでしたが、売り切れで実物も見ることができず、通販でも売り切れていました。

実物を見て購入したい!とバックルは買う気満々でした。

さて、お店に入ります。

めめぽむ
ボンジュール!

店内はお客さんがいなく、女性の店員の方が来てくれました。

机と椅子があって、席を通してくださり、オーダーを聞いてくれました。

めめぽむ
腕が細いのでスリムな14mmのベルトとバックルが見たいな!

マダムは、「確かにスリムね!大丈夫よ!」と、私用のスリムなベルトと、旦那用のメンズベルト、そして、バックルを持ってきてくれました。

奥には全て時計のベルトなの?と思うようなグラデーションが確かにあり、それぞれが違うレザーでできていてとても素敵でした。

パリのカミーユフォルネ

私も旦那も悩みましたが、このサイズの時計はいくつか持っており、日本で買うより安い。

カミーユフォルネのバックル

あと、バックルが噂通り本当にスリムで綺麗。

(このベルトはカミーユフォルネのものではないです。)

カミーユフォルネのバックル

こんなに薄いのにきちんと繊細なロゴが入っています。

カミーユフォルネのベルト

ということで、私は、2種類のベルトをセレクト。

 

水色のリザードのベルトと、クロコダイルのアンニュイなグルーグレーのベルト。

クロコダイルは、写真よりもっとグレーのくすんだ素敵な色です。

カミーユフォルネのベルト

旦那はブラックのヘビ皮。

私は、バックルをその場でつけていた時計に付け替えてもらいました。

この旅行ではタンクルイはちょっと高級で狙われたら嫌なので、同じくカルティエ のヴァンドームを持っていました。

(ヴィンテージのヴァンドームは独特のベルトの変形があるため、そのまま着用することができません。)

旦那は、ベルトとバックルをつけていたタンクに取り替えてもらいました。

合計ベルト3本(クロコダイル・ヘビ・リザード)、バックル3つ(私がゴールド・シルバー、旦那がゴールド)で、約10万円のお買い物。

普段、ブランド物を買わない私たちにしては、大きな買い物でしたが、日本で買うより種類も豊富で、値段も安く、良い買い物だったと思います。

パリのカミーユフォルネ

準備をしてもらっている間に、シャンパンとピエール・エルメに特別に作ってもらったというオリジナルのカミーユ・フォルネのお菓子をいただきました。

もちろん今でも大切に使っています。

無事に、目的を達成することができました♪

めめぽむ
買いすぎたけど(笑)

カミーユ・フォルネ(CAMILLE FOURNET)の基本情報

住所5 Rue Cambon, 75001 Paris, フランス

公式サイト:https://www.cfjapon.co.jp/

オープン時間:10:30〜19:00

monoprix(モノプリ)

パリの有名スーパーmonoprix(モノプリ)。

こちらでは、まず毎回買っているエコバッグを買いました。

初日には見つけられなかった絵柄付きのバッグを発見!

monoprix(モノプリ)のエコバッグは毎月新しいデザインに入れ替わるので、人気の柄から売れてしまいます。

今回は、ダークグリーン、ゴールドのスキー柄、グレーの蓮の花柄、ブラウンの花柄、写真ないけど落ち着いたレッドをゲットしました!

SACのロゴからロゴがチェンジしていたので、お土産定番のエッフェル塔マークも買ったけれど、これも家のどこかに・・・。

パリのmonoprix(モノプリ)のお惣菜

そして、食料品を買い足して、この日は初日に買った食品と共にホテルで夕食にしました。

パリのmonoprix(モノプリ)のお惣菜

こちらはチーズの切り売りコーナー。

種類がたくさんありすぎてよくわかりません。

パリのmonoprix(モノプリ)のお惣菜

左の方に、monoprix(モノプリ)の人物紹介が。(読めないけど)

 

monoprix(モノプリ)の基本情報

住所:23 Avenue de l'Opéra, 75001 Paris, フランス

他にもパリにはたくさん存在しますが、オペラのお店はアクセスもよく品揃えの豊富です。

他にもコンビニ版monop’ (モノップ)やコスメ販売店beauty monop’(ビューティ・モノップ)もあります。

公式サイト:https://www.monoprix.fr/

オープン時間:9:00〜22:00

パリのラーメン店

パリには沢山の日本食店があり、また、寿司・ラーメンは大人気です。

ついつい見つけて写真を撮ってしまったラーメン屋さんも混んでいました。

 

翌日は、12月31日、大晦日。

なんと大晦日も開催されている、「モンサンミッシェルのツアー」に行ってきます!

-パリ, フランス, ヨーロッパ, 旅行記
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 弾丸M-travel , 2020 All Rights Reserved.