パリ フランス ヨーロッパ

【フランス】パリ最大:クリニャンクールの蚤の市♪歩き方と戦利品

パリの3大蚤の市で1番大きくて、土日以外もお店がやっているのは、「クリニャンクール」の蚤の市です。

時間がない旅行の中で、3つの蚤の市を回るのは結構大変。

平日や、色々なアイテムを見て周りたいのであれば、クリニャンクールの蚤の市がおすすめです。

クリニャンクールの蚤の市の周り方や様子、私が買った物などご紹介します。

【フランス】パリ最大:クリニャンクールの蚤の市♪歩き方と戦利品

クリニャンクールの蚤の市の特徴

クリニャンクールの蚤の市はメトロの4号線「Porte de Clignancourt」駅から徒歩5分のところからスタートします。

駅から近くてとともアクセスが良い場所にあります。

オペラ・ガルニエ駅から乗り換え2回で20〜30分ほど。

クリニャンクールの蚤の市の基本情報

住所:140, rue des Rosiers 93400 Saint-Ouen

開催日:7:00~19:30(土・日・月曜)、平日は8:00〜13:00ぐらい

地下鉄最寄り駅:4号線「Porte de Clignancourt」駅から徒歩5分

アクセス:地下鉄4号線「Porte de Clignancourt」駅から徒歩5分

クリニャンクールの蚤の市の楽しみ方

クリニャンクールの蚤の市は、とにかく広くて、たくさんのお店が出店しています。

土日だけ開くお店や、常設店も多く存在します。

アーケードがある通りもあるので、雨の日でも蚤の市を楽しむことができます。

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

常設のお店は、猫足の家具や金色のシャンデリア屋さんなど、それぞれの分野に特化しているお店が立ち並んでいます。

もちろん、常設のお店はテナント料も発生しているでしょうし、ものすごく高そうで、扉を開けにくいのが難点ですが・・・(笑)

 

とはいえ、普通のガラクタだらけの蚤の市もたくさんあります♪

広すぎて、全部真剣に見て周ると1日じゃ足りないですが、その分出会えたものには感動を感じます。

 

どこの蚤の市でもそうですが、マナーがあります。

値切りにも有利なマナーについては、こちらの記事を参考にしてください♪

あわせて読みたい
【必読】蚤の市を100%楽しむためのマナー4つ・値切り交渉にも有利♪
【必読】蚤の市を100%楽しむためのマナー4つ・値切り交渉にも有利♪

続きを見る

実際の交渉が不安な方はこちらを参考にしてください。

あわせて読みたい
【実画像付き】フランス蚤の市★アンティークの買い方
【実画像付き】フランス蚤の市★アンティークの買い方【目指せ値切り】

続きを見る

クリニャンクールの蚤の市の周り方

クリニャンクールの蚤の市はとにかく広いマーケットです。

アーケードのある部分。

露店の部分。

それぞれ、お店が違います。

私のおすすめは、露店を見て周ることです。

やっぱり、アーケードのある部分のお店より、露店の方がお値段も控えめな商品が多いです。

雨でしたら、アーケード内で濡れずにお買い物をするのが良いでしょう。

品物も濡れていません(笑)

 

そして、私は「エリアを区切ってエリアごとに周り、その中でどのお店の何が欲しいか、どのぐらい欲しいものがあったかを下見してからエリア内でお店に戻って購入」します。

 

下見をするメリット

・同じ商品が他のお店で安く売られている場合がある。

・細々と複数のお店で買い物するのではなく、まとめて買って値引き交渉できるお店が見つかるかもしれない。

 

下見をするデメリット

・人気アイテムは下見中に売れてしまい、戻ったらないことがある。

・どのお店で欲しい商品を見つけたのか分からなくなることがある。(記憶力勝負!)

・運命のトキメキに飛びつけない(笑)

・時間がかかる(特にクリニャンクールの蚤の市は広いので、移動するのも時間がかかります)

クリニャンクールの場合は、とーっても広いので、どこのお店で欲しいものを見つけたのかわからなくなる場合があります。

私は、多少高くても戻れる範囲だけを数点見て、その場で購入することが多いです。

 

クリニャンクールの蚤の市の様子

めめぽむ
ここからは、クリニャンクールの蚤の市の様子を紹介していきます。

 

とはいえ、クリニャンクールの蚤の市は結構な頻度で撮影を断られてしまいました。

勝手に撮影するわけにもいかず、写真はほとんどありません(涙)

クリニャンクールの蚤の市:アーケード内

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

こちら、8月上旬の平日に行った時の様子です。

って、シャッター通り!?!?とびっくり(笑)

平日は土日よりもやっているお店が少ない、そして、バカンスでお店を閉めているオーナーが多いのも事実です。

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

しかし、進んでいくと、やっているお店も多くありました♪ホッ

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

いつも気になる不思議な建物。

クリニャンクールの蚤の市:露店

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

こちらも平日+バカンスですが、シャッターが閉まっていたり、空いているお店があったり。

お昼休みでしまっているお店もありました。

ですが、平日でも蚤の市を楽しめるのが嬉しいですね!

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

こんな風に綺麗にディスプレイされたお店もあります。

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

デッドストックのアイテムがいっぱい!

お値段もお手頃?高いのかな?

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

こちらのお店でした♪

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

こんな風にきちんとショーウィンドウが立ち並ぶ通りもあります。

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

しかし、メインはこういった形で雑多なところが多いですね。

 

私は2回、クリニャンクールの蚤の市に行ったことがありますが、時間の都合上、全部見れたことはありません。

それでも、見つけたものは自分の中での宝物です。

 

クリニャンクールの蚤の市で買ったもの

さて、2回クリニャンクールの蚤の市に行った私ですが、買ったのは2回目に行った時のみです。

1回目は周ったお店が高級店すぎて何も買えませんでした(笑)

(その代わりその時はヴァンヴで購入しました)

クリニャンクールの蚤の市で買ったもの①アンティーク生き物の絵のコピー

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市戦利品

コピーって・・・(笑)

ですが、絵柄がとても可愛らしく、ついつい買ってしましました。

きちんとしたお店でしたので1枚5ユーロの値札がついていましたが、3枚で10ユーロぐらいにしてもらいました。

紙質はしっかりしているので、家で飾るのにぴったりです。

人気の絵柄なので、原本はもっともっと高いんでしょうね・・・。

クリニャンクールの蚤の市で買ったもの②アンティークの植物画

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市戦利品

こちらは10ユーロでした。

同じお店で、原本も売っていたので、1枚お花デザインをお買い上げ。

簡単なもあるので、そのまま額に入れて飾れます。

このサイズの絵は、薄くて軽いのでお土産にぴったりです。

サイズも様々、絵も様々。

選ぶのがとても楽しかったです。

クリニャンクールの蚤の市で買ったもの③ヴィンテージのピンバッチ

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市戦利品

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市戦利品

蚤の市でヴィンテージのピンバッチを集めるのが趣味なのですが、やはり、数え切れないぐらいのピンバッチがありました。

どれも欲しかったですが、頑張って絞り込み。

でももっと、買っても良かったかなぁ?

 

めめぽむ
せっかく買った割れモノ注意なアイテムは、洋服や持参した梱包材で割れないように持ち帰りましょう!

 

クリニャンクールの蚤の市は楽しい

パリ最大のクリニャンクールの蚤の市

初めて蚤の市に行く人はクリニャンクールがおすすめです。

広すぎて時間を想像以上に費やしてしまいそうですけどね!

逆にお宝探しが大変で、途中で切り上げるのも良いでしょう♪

パリの1観光スポットでもあるクリニャンクールの蚤の市ぜひ楽しんで・

 

専用バイヤー付きのツアーもあるよ 

めめぽむ
ぜひ、パリに行く日に土日が当たったら、蚤の市に行ってみませんか?

 

それでは、パリで良い休日を♪

-パリ, フランス, ヨーロッパ
-, , , , , , ,

Copyright© 弾丸M-travel , 2020 All Rights Reserved.